データ復旧 機器の故障と原因 サーバ RAID・NAS ハードディスク(HDD)

NASのメーカー修理はデータを救えるのか!?

投稿日:2019年3月19日 更新日:

NAS(Network Attached Storage)が認識しない、アクセスができない状態に陥った時、皆様はどのような対応をしていますか。
例えば、

メーカーに問い合わせを行う。
サイトを見て自分で修理や復元を試みる。
提携してあるシステム会社に来ていただく。

                   など・・・
様々な対応をする方がいるのではないでしょうか。

特にメーカーへの問い合わせを行い、NASが元に戻らず、悪化してしまうことも多々あります。修理をご希望の際は、大切なデータが破損する危険性を備えておりますので、気を付けて対応を行うようにいたしましょう!

今回は、NASが壊れた際にどういった対応をすれば良いのか、注意すべきことは何なのかを記載いたしますので、皆様、参考にしていただければと思います。

初動処理により結果が大きく変わります!

管理ソフトに記載がある内容(例:ファームウェアの更新を実行してください)をそのまま鵜呑みにすると、必要なデータが破損したり、HDDが壊れてしまうなど被害拡大につながります。
大切なデータの損失・破損を無くすためにも、初動処理をしっかりと行いましょう。

初動処理で一番重要なことは、HDD(ハードディスク)の故障の有無を把握することです。
それでは、HDDが故障しているのかどうかを知るためにはどのような対応をすれば良いのでしょうか。

初動処理って何をすればいいの?

NAS【TeraStation(テラステーション)、LinkStation(リンクステーション)、LANDISK(ランディスク)、NETGEAR(ネットギア)、Synology(シノロジー)etc】の構成は、本体( CPU、メモリ、通信、USB、ファンなどの部品)と、HDD、OS とアプリケーションです。つまりサーバやPC(パソコン)と同じであり、大きな違いと言えば、NAS はメーカー独自の部品を使っているくらいです。そのため、パソコン修理屋ではNASなどの機器の修理対応はできないため、メーカーにて修理の対応を行うことがあります。

もしNASを認識しない、アクセスできない場合は、本体、HDD、OSのどこにトラブルがあるのかを切り分けて対処していく必要があるため、それぞれに関して確認しましょう。

1.筐体の故障の場合

NASの本体には、1枚の基板にCPU、メモリ、通信、USB といった部品が搭載されています。そして内部の温度を一定に保つファンや、TeraStation においては、電源ボックスがあります。例えば、コンピュータ全般のトラブルで考えた際に、仮にメモリの故障で起動できない場合は、メモリの交換を行うことで復活いたします。このように物理的な面の故障は単純な物であり、壊れた物を正常な物に交換修理を行えばよいのです。

結果、対処法としては、壊れた部品の交換修理です。しかし、どの部品も汎用部品ではないため、それぞれの部品を入手することは難しいです。もし、「コントローラ異常」、「基板故障」などのトラブルの場合は、筐体からHDDを取り出し、別の筐体に接続することで、データが見れる可能性がありますが、データが消えるもしくは破損してしまうことがありますので、オススメはしません。

2.HDDの故障の場合

HDD故障の場合は、突然、故障する場合もあれば、だんだんと段階を踏んで、最終的に故障する場合もあります。特に、HDDに関しては、修理は一切できないので、データの取り出しなどは専門業者にお願いする必要があります。

また、HDDの故障見極めるために、エラーコードなどでHDDが壊れているかどうかなどを判断することがあると思います。それだけで判断するのは、とても危険ですので気を付けてください。
エラーコードというものは、HDDが壊れているということを示すという考えを持っている方は、たぶんエラーコードが出ていないHDDは壊れていないと考えておりませんか?

エラーコードが出ておらず、HDDが壊れている隠れ不良状態という場合もありますので、十分に注意が必要です。

3.OSのトラブルの場合

NAS には Linux をカスタマイズした OS が搭載されています。ちなみに LANDISK には Windows モデルもあります。この OS にトラブルがあれば起動に失敗します。このようなトラブルであれば、NAS Navigator やIO Naviなどの管理ソフトからエラー情報を取得できます。 NAS を認識しない、アクセスできない場合は、確率的に「本体の故障」、「HDDの故障」であり、どれも正常なら、残るは OS のトラブルを疑ってください。

対処法は、ファームウェアのアップデートなど、メーカー指定のトラブル解決策を行います。これには条件として、HDDが壊れていないことが前提ですので、確実にHDDを調査したうえでの対応を心掛けましょう。

HDDの調査って何をしたら・・・?

HDDには「S.M.A.R.T.」という故障の予測を目的とした機能が備わっています。何かしらの劣化があると記録される仕組みであり、使用中に記録されていきますので、長時間負荷をかけるような調査をしなくても代用できます。HDDの種類により「S.M.A.R.T.」機能がない場合もありますので、その際は専門家に確認するようにいたしましょう。

その「S.M.A.R.T.」情報を見るためにはソフトが必要です。サイト上でフリーソフトをインストールの上、対応が可能ですが、注意点としまして、NAS で使っているハードディスクをパソコンへ接続したときに、フォーマットエラーが表示されます。フォーマットしたり、パーテーションの操作などをするとデータの復元ができなくなってしまいますので、フォーマットは必ずキャンセルしてください。

NASトラブルから抜け出せない時は・・・

万一、NASトラブルにより大切なデータの取り出しができない状況の場合は、是非、弊社までご連絡ください。
急ぎでデータが必要な場合や、社内から機器の持ち出しができない場合など私どもであれば、出張にて機器の診断を行うことができますので、その際は下記からお問い合わせください。

-データ復旧, 機器の故障と原因, サーバ, RAID・NAS, ハードディスク(HDD)
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

システム課や保守業者でサーバーが直らなかった時の『 対処法 』

まさか、保守業者でもデータの復旧ができないなんて! ある日突然、会社のメインサーバー(サーバー機)に不具合起き、システムのダウン。…

続きを読む

出張データ復旧とは?来店、郵送のデータ復旧とのメリット・デメリットは?

  Contents1 ハードディスクが壊れた!どうしよう・・・1.1 来店によるデータ復旧1.2 郵送によるデータ復旧…

続きを読む

業務資料が全て入っている共有NASハードディスクが故障!!

Contents1 マンガで読むNASトラブル体験談!2 初期診断の結果・障害の内容3 NAS機器故障時の取り扱い注意事項3.1 …

続きを読む

データ復旧業者を選ぶには!押さえておきたい5つのポイント

Contents1 信頼できるデータ復旧業者は、どうやって選ぶべきか?1.1 「出張データ復旧」を行ってくれる業者はオススメ1.2…

続きを読む

すべてのデータをまとめて管理 岡山県の企業様の導入事例を交えたNAS活用術!

ファイルサーバとして活用されることも多くなってきたNASですが、 “Windowsサーバで構築したファイルサーバよりも機能が劣り、…

続きを読む