RAID・NAS おすすめバックアップ機器 データバックアップ バックアップ方法

NASをご利用の方必見!バックアップを取るにはこれがオススメ!

投稿日:2019年1月21日 更新日:

 

RAIDを構築しただけで安心していませんか?

 

「NASでRAIDを構築してあるから、データのバックアップは大丈夫!」と思っていませんか?
RAIDの構成によっては一部のHDDにトラブルが発生した際でも機能を維持し続けるよう、耐障害性を高めていますが、データのバックアップにはなっておりません。
つまりデータ自体のバックアップを取らなくても良いということではないのです。
HDDが数本同時に故障、停電による故障、間違ってデータを上書き・削除してしまうなど、RAID構成でも対応できない故障原因はいくつもあります。
この場合、データの保管先が1つだけではどうにもできません。このような事態を引き起こさないためにも、RAIDを構築しているNASもバックアップは必要です。
では、NASへのバックアップとして何が良いのか考えてみましょう。

NAS自体をバックアップするには何がいい?

バックアップ機器は用途に応じていろいろな種類があります。
NAS自体のバックアップ先としてよく使われるのは、以下の3つの機器です。

NAS
主な使用用途は、ファイル共有、ファイル管理など。
ネットワークを通じて利用可能なため、LAN接続ができれば複数台での利用が可能となり、場所も制限がない。
初期導入が他の機種に比べて少し難しい。

■外付けHDD
主な使用用途は、空き容量が不足した際の補助など。
手軽に購入でき、容量も様々なものがある。
しかし、必ず機器への接続が必要となるため、利用場所が制限される。

■クラウド(オンラインストレージ)
主な使用用途は、ファイル共有など。
インターネットが繋がる環境であればどこからでもアクセスできる。また、PCやスマートフォンなど様々な機器からアクセスが可能。
無料のものもあるが、月額費用がかかるサービスもある。
ネット回線が落ちると使用できなくなる。

参考記事:バックアップ用のメディア

NASのバックアップ先:組み合わせ それぞれのメリット・デメリット

前述したように、バックアップ機器にもそれぞれ使用目的や特徴があります。では、NASと組み合わせた時にどんなメリット・デメリットがあるのか考えてみましょう。

①NAS → 外付けHDD(バックアップ)
保存安心度:☆☆☆☆(星が多い:安心度高)
メリット
NASと同じ容量のドライブを最初に購入しさえすれば、以降の月額費用はかからないことに加えて、ドライブをまるごとバックアップできるため漏れもなく、復元時もデータを探しやすい。
デメリット
ローカルのHDDは、それ自体の寿命に加えて、火災や落雷などの災害によって、NAS本体もろともデータが消失する可能性があるほか、物理的に盗難に遭う危険性もある。

②NAS → NAS(バックアップ)
保存安心度:★★☆☆☆
メリット
1台が壊れてもそのままの環境で使用することができる。
遠隔地にもバックアップを取ることができる。
RAIDを構築することができるので、耐障害性が高い。
デメリット
初期設定に専門知識が必要。

③NAS → クラウド(バックアップ)
保存安心度:★★★☆☆

メリット
遠隔地にバックアップすることから、NAS本体と同じタイミングで壊れる可能性は低く、ドライブの寿命をユーザが考慮する必要もない。もちろん盗難の恐れもない。 離れた場所でもNASからバックアップを取っているデータの閲覧、編集、取出しが可能である。
デメリット
不正アクセスや情報漏洩のリスクがある為、セキュリティ対策が必要。 月契約または年契約で、定期的な支払いが発生する。 料金を抑えるために、バックアップのデータを選定する必要がある。

 NAS自体のバックアップ 強固な組み合わせ!

④NAS → NAS(バックアップ1)
→ クラウド(バックアップ2)
保存安心度:★★★★

メリット
①と③のメリットが同時に受けられる。
デメリット
③のデメリットと同様。NASが一台増える分、購入費用も増加する。

⑤NAS → NAS(バックアップ1)
→ NAS(遠隔地:バックアップ2)
→ クラウド(バックアップ3)
保存安心度:★★★★★

メリット
保存台数が増える事により④以上にデータ損失リスクを低減出来る。
デメリット
④のデメリットと同様。

バックアップの組み合わせとして、3-2-1ルールに基づくと、④・⑤は保存安心度が高くオススメです。

また、UPS(無停電電源装置)をつけると安心して運用が出来ますので、導入や方法に関しては是非ご相談ください。

弊社ではデータバックアップシステム「GUARDIAN+R」を展開しています。
この「GUARDIAN+R」には「Dual GUARDIAN+R」があり、2拠点での遠隔バックアップも可能です。
設定に関しても弊社スタッフが行うので、お手を煩わせることもありません。
加えてクラウドサービス「TENMA」もございますので、3-2-1ルールも実現することが可能です。
大切なデータを絶対に無くしたくない方は、弊社までお問合せください。

プロも信頼するおすすめの強いNAS

プロの信頼するおすすめの強いNASをご紹介します。いろいろなタイプのNASがありますので、ランニングコストも含めたコストパフォーマンスの高いNASを見つけてくださいね。

ビジネスシーンで使える保存媒体の条件

 

条件1 ネットワークからアクセスできる

条件1 ネットワークからアクセスできる
機材種別 サーバ・NAS(Network Attached Storage)
保存媒体 主にHDD(Hard Disk Drive)が使用される・SSD
使用方法 社内のパソコンから、社員が同時アクセスし使用する
大事な要件は、
高速アクセス・動作安定・セキュリティが高く保てること

 

条件2 高耐久なHDD(ハードディスク)を搭載していること

条件2 高耐久なHDD(ハードディスク)を搭載していること
機材種別 各種OSサーバ・QNAP NASなど内蔵HDDを選べる筐体
保存媒体 Western Digital社等から超高耐久な機種が発売されている
使用方法 HDDの耐久性能をチェックすべし!
安価なHDDは故障しやすい
HDDは消耗品と捉えて、壊れにくいものを選ぶ

 

条件3 災害が起こっても、バックアップから復元できること

G-SHELTERとは突然の災害から機器をお守りするための用具になります。落下防止保護のための強化収納ボックスをはじめ、転倒防止の耐震ジェルと耐震ストッパー、PPバンド機器固定サービス、雷サージ過電流回線保護、無停電装置で地震や停電などに対して対策が取れます。

 

Dual GUARDIAN+Rは遠隔地に設置した機器同士でバックアップデータを保存し、大切なデータを守ることが可能です。お互いにバックアップする事で、片方の事務所がNASごと被災しても、そこからデータを取り出す事でデータ消失を防ぎます。

条件3 災害が起こっても、バックアップから復元できること
機材種別 インターネット回線を使って、定期的にバックアップができる機器
方法 VPN回線を確立、もしくは、メーカー独自のアカウント活用
使用方法 災害が起こり、機器が被災・消失しても復元できる体制が必要
日本は、災害が起こりやすい国です
万一の事態に備えて、BCP対策を構築しておきましょう!

 

条件4 NAS←・→クラウド同期バックアップに対応していること

条件4 NAS←・→クラウド同期バックアップに対応していること
機材種別 NASとクラウドを同期させることができる機種を選定
方法 NASとクラウドの親和性が大切、WEBDAV形式などを使う
使用方法 データのバックアップに重要なのは、3-2-1ルール
・データはコピーして3つ持つ
2種類以上の媒体に持つ
・もう一つは遠隔地に持つ

 

条件5 全国に出張で、設置サポート行ってくれる

条件5 全国に出張で、設置サポートを行ってくれる
機材種別 NAS・クラウドへの同期
方法 出張対応にてNASの設置及び設定、バックアップ体制の構築を実施
使用方法 難しい知識が無くても専門の技術者が現地で設置し
その日から使えるスピードが大切!
全国どこでも出張対応しているサービスを選びましょう!

 


 


こんな記事も読まれています

記録メディアの寿命ランキング

記録メディアの寿命について調査し、ランキングにしています。
どんなメディアにどんな特徴があるかも記載されています。

 

ファイルを保存するだけがNASじゃない!3つのNAS活用術

NASはファイルを保存するファイルサーバーとして使用するのが一般的です。
この記事ではそれ以外にも出来る事があり、活用の幅が広がるでしょう。

 

NASの買い替えで考えるべきこと。 ~社内のパソコン関連を任されている方必見~

機器はいつか必ず壊れる消耗品で、NASも例外ではありません。
その際に注意、確認しておいたほうが良いことがまとめられています。

特急データ復旧Win-Get! 株式会社リプラス
フリーダイヤル:0120-703-845


北海道・東北
特急データ復旧ウィンゲット 北海道
http://www.data-hokkaido.com/
特急データ復旧ウィンゲット 青森県
http://www.data-aomori.com/
特急データ復旧ウィンゲット 岩手県
http://www.data-iwate.com/
特急データ復旧ウィンゲット 秋田県http://www.data-akita.com/
特急データ復旧ウィンゲット 宮城県
http://www.data-sendai.com/
特急データ復旧ウィンゲット 山形県
http://www.data-yamagata.com/
特急データ復旧ウィンゲット 福島県
http://www.data-fukushima.com/
関東
特急データ復旧ウィンゲット 東京都
http://www.60min-data.com/
特急データ復旧ウィンゲット 神奈川県
http://www.data-yokohama.com/
特急データ復旧ウィンゲット 千葉県
http://www.data-chiba.com/
特急データ復旧ウィンゲット 埼玉県
http://www.data-saitama.com/
特急データ復旧ウィンゲット 茨城県
http://www.data-ibaraki.com/
特急データ復旧ウィンゲット 栃木県
http://www.data-tochigi.com/
特急データ復旧ウィンゲット 群馬県
http://www.data-gunma.com/
特急データ復旧ウィンゲット 山梨県
http://www.data-yamanashi.com/
中部
特急データ復旧ウィンゲット 愛知県
http://www.data758.com/
特急データ復旧ウィンゲット 岐阜県
http://www.data-gifu.com/
特急データ復旧ウィンゲット 三重県
http://www.data-mie.com/
特急データ復旧ウィンゲット 静岡県
http://www.data-shizuoka.com/
特急データ復旧ウィンゲット 富山県
http://www.data-toyama.com/
特急データ復旧ウィンゲット 石川県
http://www.data-ishikawa.com/
特急データ復旧ウィンゲット 福井県
http://www.data-fukui.com/
特急データ復旧ウィンゲット 長野県
http://www.data-nagano.com/
特急データ復旧ウィンゲット 新潟県
http://www.data-niigata.com/
特急データ復旧ウィンゲット 滋賀県
http://www.data-shiga.com/
関西
特急データ復旧ウィンゲット 大阪府
http://www.data-osaka.com/
特急データ復旧ウィンゲット 兵庫県
http://www.data-kobe.com/
特急データ復旧ウィンゲット 京都府
http://www.data-kyoto.com/
特急データ復旧ウィンゲット 奈良県
http://www.data-nara.com/
特急データ復旧ウィンゲット 和歌山県
http://www.data-wakayama.com/
中国・四国
特急データ復旧ウィンゲット 広島県
http://www.data-hiroshima.com/
特急データ復旧ウィンゲット 岡山県
http://www.data-okayama.com/
特急データ復旧ウィンゲット 香川県
http://www.data-kagawa.com/
特急データ復旧ウィンゲット 徳島県
http://www.data-tokushima.com/
特急データ復旧ウィンゲット 高知県
http://www.data-kochi.com/
特急データ復旧ウィンゲット 愛媛県
http://www.data-ehime.com/
特急データ復旧ウィンゲット 鳥取県
http://www.data-tottori.com/
特急データ復旧ウィンゲット 島根県
http://www.data-shimane.com/
特急データ復旧ウィンゲット 山口県
http://www.data-yamaguchi.com/
九州・沖縄
特急データ復旧ウィンゲット 福岡県
http://www.data-fukuoka.com/
特急データ復旧ウィンゲット 佐賀県
http://www.data-saga.com/
特急データ復旧ウィンゲット 宮崎県
http://www.data-miyazaki.com/
特急データ復旧ウィンゲット 大分県
http://www.data-oita.com/
特急データ復旧ウィンゲット 長崎県
http://www.data-nagasaki.com/
特急データ復旧ウィンゲット 熊本県
http://www.data-kumamoto.com/
特急データ復旧ウィンゲット 鹿児島県
http://www.data-kagoshima.com/
特急データ復旧ウィンゲット 沖縄県
http://www.data-okinawa.com/

-RAID・NAS, おすすめバックアップ機器, データバックアップ, バックアップ方法
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

NAS導入のススメ~メーカー別オススメポイント~

どのNASを選んだら良いのか? メーカーによってどんな特長があるのか? 様々なものを購入する際に何を基準に選べばいいか、迷うことあ…

続きを読む

停電後に要注意!NAS.サーバーのデータ消失を防ぐ3つのこと

先日の台風15号、19号では各地に甚大な被害がもたらされました。大規模な停電も発生し、未だ混乱状態が続いています。 そこで、日頃か…

続きを読む

建築会社のCADデータ

個人・中小企業向け データバックアップ方法【2020年最新版】

Contents1 データのバックアップ、どうしていますか?2 データを守る3-2-1バックアップルールとは?3 「3-2-1」ル…

続きを読む

業務資料が全て入っている共有NASハードディスクが故障!!

Contents1 マンガで読むNASトラブル体験談!2 初期診断の結果・障害の内容3 NAS機器故障時の取り扱い注意事項3.1 …

続きを読む

今さら聞けないNASの活用方法

ビジネスの世界だけでなく、個人でも利用者が増えている「NAS(ネットワーク・アタッチド・ストレージ)」。 ネットワークに接続する記…

続きを読む