GUARDIAN おすすめバックアップ機器 データ復旧

記録メディアの寿命ランキング

投稿日:2019年3月15日 更新日:

大事なデータを守るために長期保存ができる媒体に保存したい!

デジタルデータはコピーしても劣化せずに高画質!
「CDやDVD、USBメモリや、外付けHDD、NASなどに保存すれば「もう大丈夫!」
「使っていれば壊れるだろうけど、保存した後、機器は一切使っていないから大丈夫!」そう思っていませんか?
実は記録メディアには寿命があります
記録したメディアを使用せず、安全なところに保管していても全ての記録媒体は『劣化』します。
では保存期間が長い記録媒体はあるのでしょうか?
今回はデジタルデータの保存媒体の寿命を紹介します。

弊社では、多くのデータ復旧の実績や経験があります。
経年劣化により故障した記録メディアからのデータ復旧を行っています。
また、耐久性のある媒体などもデータ復旧の経験から判断して、お客様への提供をしています。
データ復旧や保存用媒体に関しては、こちらをご覧ください。
・記録メディアの故障 データ復旧の問い合わせはこちら
・高耐久HDDを使用したQNAP社製NAS GUARDIAN+Rはこちら
・記録メディアは故障する! クラウド(クラウドストレージ TENMA)を利用したい方はこちら

記録メディアランキング

デジタルデータが保存できるメディア寿命ランキング、 第1位は長期保存用光ディスクでした!
メーカー側では、理論上は1000年保存できると言われています。
第2位はMOディスク
第3位はCDやDVD、Blu-rayなどの光ディスク
第4位は磁気テープ
第5位はフラッシュメモリ(SSD、USBメモリ、CFカード等)
第6位はハードディスク(PC、外付けHDD、NAS、サーバ)
第7位がフロッピーディスクです。

次に、機器ごとの詳しい寿命と特徴をご紹介します。

第1位 長期保存用光ディスク

第1位 長期保存用光ディスク <BD-R、M-DISC>
寿命 100年から1000年
容量 100MB~100G
特徴 M-DISCとは、耐久性を高めたDVDやブルーレイディスクのことです。
光や熱、湿度などの影響による経年劣化に強い開発元では1000年にわたってデータが保存できるとのこと。
M-DISC DVDとM-DISC Blu-rayが用意されており、既存のDVDドライブやブルーレイドライブで読むことができるが、
書き込みには専用のドライブが必要

・長期保存用光ディスクのデータ復旧問い合わせはこちら

第2位 MOディスク

 

第2位 MOディスク <MO>
寿命 ~50年
容量 100MB~2.3G
特徴 保護カバーで守られているため埃・汚れにも強い。非常に頑丈で記録保持はとても良いが、容量が少なく、
専用ドライブの入手が困難なため、市場からほぼ消えつつある

・MOディスクのデータ復旧問い合わせはこちら

第3位 光ディスク(CD、DVD、Blu-ray)

第3位 光ディスク <CD、DVD、Blu-ray>
寿命 10年~30年
容量 640MB~128GB
特徴 一般的には長期保存は可能だが、湿気や紫外線の影響を受けやすく、製造時の品質や取扱い,保存方法により寿命が大きく左右される。
信頼性が高いが、書き込み速度が遅く、海外製品は寿命が0年のものもあるので注意が必要。

・光ディスク(CD、DVD-R、Blu-ray)のデータ復旧問い合わせはこちら

第4位 磁気テープ

第4位 磁気テープ
寿命 10年
容量 数10GB~数TB
特徴 信頼性が高いが、定期メンテナンスが必須である、主に業務用の記憶メディアとして使用

第5位 フラッシュメモリ(SSD、USBメモリ、CFカード、SDカード)

 

第5位 フラッシュメモリ <SSD、USBメモリ、CFカード等>
寿命 5年~10年
容量 数10MB~数GB
特徴 安価に入手できるが、信頼性は低く、書き換え回数に限度がある。
一時的保存として活用は良いが、自然放電によるデータ化けなどが心配なため、長期保存に適さない
SSDには「SLC」「MLC」「TLC」「QLC」の4種類があり、それぞれの書き込み限界数により寿命が違います。

・フラッシュメモリ(SSD)のデータ復旧問い合わせはこちら
・フラッシュメモリ(USBメモリ)のデータ復旧問い合わせはこちら
・フラッシュメモリ(CFカード、SDカード)のデータ復旧問い合わせはこちら

第6位 ハードディスクドライブ(PC、外付けHDD、NAS、サーバ)

第6位 ハードディスク <PC、外付けHDD、NAS、サーバ>
寿命 3~5年
容量 数10GB~数TB
特徴 市場で大量に活用され信頼性は高いが、磁気や振動、衝撃に弱く、実は耐用年数が低い
HDDは衝撃に弱く、PCパーツで壊れやすい部類なので長期保存には心配
。定期的にバックアップが必要

・ハードディスクドライブ(PC)のデータ復旧問い合わせはこちら
・ハードディスクドライブ(外付けHDD)のデータ復旧問い合わせはこちら
・ハードディスクドライブ(NAS)のデータ復旧問い合わせはこちら
・ハードディスクドライブ(サーバ)のデータ復旧問い合わせはこちら

第7位 フロッピーディスク

第7位 フロッピーディスク <FD>
寿命 2~10年
容量 1.44MB前後
特徴 15年以上前に、今のUSBメモリのように一時的な保存としてよく使用していた方が多いのでは?
容量が少なく、磁気・埃・汚れに弱く、紫外線も苦手な為、バックアップに向いていない
現在は昔のワープロや互換性のない専用機器以外では、ほとんど使われていません。

・フロッピーディスク(FD)のデータ復旧問い合わせはこちら

ビジネスに適したおすすめ保存媒体は?

現在ビジネスでメインに使用されている保存媒体はハードディスクやSSDです。
なぜ他と比べ寿命が短いHDDがビジネスシーンで多く使用されているのか?

個人での利用であれば、「家族や友人とのプライベートな写真をずっと大切にとっておきたい!」法人での利用であれば、「過去のデータを保管しておきたい」というアーカイブとしての保存用であれば、長期保存用光ディスク「BDディスク」をおすすめします。
しかし、光ディスクは「アーカイブ用としての保存」には適していますが、ビジネスでの使用となると、”データの上書き”や”置き換え”、”追加”などが発生し、業務には適していません。
さらに複数人が同時にアクセスすることもできないため、データの共有にも向いていません
またデータが保存できる容量も、光ディスクの場合、数GB〜最大で100GBまでの為、大容量のデータを保存する場合は数枚に分けて保存する必要があります。

しかし、HDDであればこのような課題をクリアすることができます。

現段階では長期保存よりもデータ運用効率が重視される割合が大きい為、寿命が短いHDDやSSDを使わざるを得ない現状です

上記より寿命が短いというデメリットはあるものの、ビジネスに適した保存媒体は「HDD」であることが分かります

「HDD」でも故障した際には、業務に支障をきたしてしまいお困りになる方もいます。データ復旧専門業者にお問合せしましょう。
・HDDの故障でお困りの方は、「特急データ復旧 Win-Get!」までお問合せください
・高耐久HDDを使用したGUARDIAN+Rはこちらご覧ください

ビジネスシーンで使える保存媒体の条件

条件1 ネットワークからアクセスできる

条件1 ネットワークからアクセスできる
機材種別 サーバ・NAS(Network Attached Storage)
保存媒体 主にHDD(Hard Disk Drive)が使用される・SSD
使用方法 社内のパソコンから、社員が同時アクセスし使用する
大事な要件は、
高速アクセス・動作安定・セキュリティが高く保てること

 

条件2 高耐久なHDD(ハードディスク)を搭載していること

条件2 高耐久なHDD(ハードディスク)を搭載していること
機材種別 各種OSサーバ・QNAP NASなど内蔵HDDを選べる筐体
保存媒体 Western Digital社等から超高耐久な機種が発売されている
使用方法 HDDの耐久性能をチェックすべし!
安価なHDDは故障しやすい
HDDは消耗品と捉えて、壊れにくいものを選ぶ

 

条件3 災害が起こっても、バックアップから復元できること

条件3 災害が起こっても、バックアップから復元できること
機材種別 インターネット回線を使って、定期的にバックアップができる機器
方法 VPN回線を確立、もしくは、メーカー独自のアカウント活用
使用方法 災害が起こり、機器が被災・消失しても復元できる体制が必要
日本は、災害が起こりやすい国です
万一の事態に備えて、BCP対策を構築しておきましょう!

 

条件4 NAS←・→クラウド同期バックアップに対応していること

条件4 NAS←・→クラウド同期バックアップに対応していること
機材種別 NASとクラウドを同期させることができる機種を選定
方法 NASとクラウドの親和性が大切、WEBDAV形式などを使う
使用方法 データのバックアップに重要なのは、3-2-1ルール
・データはコピーして3つ持つ
2種類以上の媒体に持つ
・もう一つは遠隔地に持つ

 

条件5 全国に出張で、設置サポート行ってくれる

条件5 全国に出張で、設置サポートを行ってくれる
機材種別 NAS・クラウドへの同期
方法 出張対応にてNASの設置及び設定、バックアップ体制の構築を実施
使用方法 難しい知識が無くても専門の技術者が現地で設置し
その日から使えるスピードが大切!
全国どこでも出張対応しているサービスを選びましょう!

 

特急データ復旧Win-Get! 株式会社リプラス
フリーダイヤル:0120-703-845

札幌市中央区南1条西10-4-167
小六第一ビル 6F
直通TEL:011-272-0600


大きな地図で見る

東京都千代田区神田須田町2-7-3
VORT秋葉原ビル5F
直通TEL:03-6206-0970


大きな地図で見る

横浜市中区扇町1-1-25
キンガビル4F
直通TEL:050-2018-0428


大きな地図で見る

名古屋市中村区名駅2-38-2
オーキッドビル 5F
直通TEL:052-414-7561


大きな地図で見る

大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル 7F
直通TEL:06-6131-8423


大きな地図で見る

福岡市博多区博多駅南1-3-6
第3博多偕成ビル 11F
直通TEL:092-452-7705


大きな地図で見る


北海道・東北
特急データ復旧ウィンゲット 北海道
https://www.data-hokkaido.com/
特急データ復旧ウィンゲット 青森県
https://www.data-aomori.com/
特急データ復旧ウィンゲット 岩手県
https://www.data-iwate.com/
特急データ復旧ウィンゲット 秋田県https://www.data-akita.com/
特急データ復旧ウィンゲット 宮城県
https://www.data-sendai.com/
特急データ復旧ウィンゲット 山形県
https://www.data-yamagata.com/
特急データ復旧ウィンゲット 福島県
https://www.data-fukushima.com/
関東
特急データ復旧ウィンゲット 東京都
https://www.60min-data.com/
特急データ復旧ウィンゲット 神奈川県
https://www.data-yokohama.com/
特急データ復旧ウィンゲット 千葉県
https://www.data-chiba.com/
特急データ復旧ウィンゲット 埼玉県
https://www.data-saitama.com/
特急データ復旧ウィンゲット 茨城県
https://www.data-ibaraki.com/
特急データ復旧ウィンゲット 栃木県
https://www.data-tochigi.com/
特急データ復旧ウィンゲット 群馬県
https://www.data-gunma.com/
特急データ復旧ウィンゲット 山梨県
https://www.data-yamanashi.com/
中部
特急データ復旧ウィンゲット 愛知県
https://www.data758.com/
特急データ復旧ウィンゲット 岐阜県
https://www.data-gifu.com/
特急データ復旧ウィンゲット 三重県
https://www.data-mie.com/
特急データ復旧ウィンゲット 静岡県
https://www.data-shizuoka.com/
特急データ復旧ウィンゲット 富山県
https://www.data-toyama.com/
特急データ復旧ウィンゲット 石川県
https://www.data-ishikawa.com/
特急データ復旧ウィンゲット 福井県
https://www.data-fukui.com/
特急データ復旧ウィンゲット 長野県
https://www.data-nagano.com/
特急データ復旧ウィンゲット 新潟県
https://www.data-niigata.com/
特急データ復旧ウィンゲット 滋賀県
https://www.data-shiga.com/
関西
特急データ復旧ウィンゲット 大阪府
https://www.data-osaka.com/
特急データ復旧ウィンゲット 兵庫県
https://www.data-kobe.com/
特急データ復旧ウィンゲット 京都府
https://www.data-kyoto.com/
特急データ復旧ウィンゲット 奈良県
https://www.data-nara.com/
特急データ復旧ウィンゲット 和歌山県
https://www.data-wakayama.com/
中国・四国
特急データ復旧ウィンゲット 広島県
https://www.data-hiroshima.com/
特急データ復旧ウィンゲット 岡山県
https://www.data-okayama.com/
特急データ復旧ウィンゲット 香川県
https://www.data-kagawa.com/
特急データ復旧ウィンゲット 徳島県
https://www.data-tokushima.com/
特急データ復旧ウィンゲット 高知県
https://www.data-kochi.com/
特急データ復旧ウィンゲット 愛媛県
https://www.data-ehime.com/
特急データ復旧ウィンゲット 鳥取県
https://www.data-tottori.com/
特急データ復旧ウィンゲット 島根県
https://www.data-shimane.com/
特急データ復旧ウィンゲット 山口県
https://www.data-yamaguchi.com/
九州・沖縄
特急データ復旧ウィンゲット 福岡県
https://www.data-fukuoka.com/
特急データ復旧ウィンゲット 佐賀県
https://www.data-saga.com/
特急データ復旧ウィンゲット 宮崎県
https://www.data-miyazaki.com/
特急データ復旧ウィンゲット 大分県
https://www.data-oita.com/
特急データ復旧ウィンゲット 長崎県
https://www.data-nagasaki.com/
特急データ復旧ウィンゲット 熊本県
https://www.data-kumamoto.com/
特急データ復旧ウィンゲット 鹿児島県
https://www.data-kagoshima.com/
特急データ復旧ウィンゲット 沖縄県
https://www.data-okinawa.com/

-GUARDIAN, おすすめバックアップ機器, データ復旧
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

NASにトラブル発生! 必要なのは「メーカー修理」?「データ復旧」?

  『NASが認識されない』『アクセスができない』などのトラブルが発生した時、どうしますか? 【メーカーに問い合わせる】…

続きを読む

起こってからでは遅い、突然のアクシデントから大切なデータを守るために

思い出などの大切なデータを皆さんはどのようにして保存していますか? 外付けハードディスクやDVD、CDに入れて保存している方がほと…

続きを読む

長期連休明けにNAS・サーバーのトラブル多発!? 原因・対策は?

Contents1 お問い合わせが増える時期は?2 なぜ 長期連休明けに機器の故障が多くなるのか?2.1 事例1[電源を落としただ…

続きを読む

PCの「起動が遅い・動作が重い」を解決するには?SSD換装のススメ

Contents1 違いを比較! SSDとHDD!2 SSDとHDDの違いや特徴について2.1 SSDのメリット・デメリット2.1…

続きを読む

意外なNASの使い方 ネットワークカメラとの連携

企業や家庭で利用が増えてきているNAS(Network Attached Storage)。 ネットワーク上に接続することができる…

続きを読む