実績 データ復旧 データ復旧の技術 サーバ

【実録・製造業様への出張データ復旧 〜ご依頼からご納品までの流れ〜】

投稿日:2019年3月4日 更新日:

出張データ復旧とは?

出張データ復旧とは?来店、郵送のデータ復旧とのメリット・デメリットは?

こちらの記事はいかがでしたか?
近年、増加しつつある「出張データ復旧」について具体的に流れや内容をご紹介したいと思います。
まず、なぜ近年「出張データ復旧」が増えているのか?についてご説明します。

・社会全体のセキュリティ意識が高まり、「パソコンなどの機器・端末の持ち出し不可」の法人様が増えた(来店や郵送ができない!)
・社内のデータ共有媒体として、サーバーや、NASなど、複数台のハードディスクで構成された(いわゆるRAIDを組まれた)大型機器を利用されるケースが増えた(大きくて持っていけない!)
・また、サーバーや、NASは複数名の方が重要なデータを保存されている場合が多く、業務がストップしてしまっている(すぐに来て緊急でデータ復旧してほしい!)

症例などはこちらをご参考ください
(リンク:http://www.guardian-r.com/blog/datarecovery/20190213/941/

しかし、いざ出張データ復旧を頼みたい!となっても、どうやって頼んだらいいんだろう?となるはずです。
そこで今回は、以前対応した「出張データ復旧」のご依頼をもとに、実例を紹介したいと思います。

 

出張実績 実例

9:00〜 お客様から問い合わせ

大阪府富田林市のお客様から、フリーダイヤルでお問い合わせをいただきました。
「昨日まで普通に使えていたサーバー機に接続できなくなった!」
と、緊迫した様子で話されていました。

まずは、弊社コールセンタースタッフがお客様の状況や、ご要望を詳細にヒアリングさせていただきます。
その上で、お客様にとって最適なご案内をいたします。

今回のお客様は緊急を要していたのと、大型サーバーで運搬が難しいこともあり、出張データ復旧が最適と判断しました。
実際に出張に伺うデータ復旧専門技術スタッフと連携しすぐさまお伺いできるよう、調整を行いました。
お客様は大阪府富田林市のため、最寄りの大阪オフィス(大阪市北区)から伺うことになりました。
入電から1時間後、大阪オフィスの技術スタッフ2名がお客様現地に出発しました。

11:00〜 現地到着・診断開始

お客様先に到着し、すぐさま障害機器(サーバー)を確認させていただきました。
今回、障害の発生したサーバーは富士通社の「TX140 S1」で、複数台のSASインタフェースのハードディスクでRAID5が構成されていました。
技術スタッフが障害状況を改めて簡単にヒアリングさせていただきましたが、サーバーが故障したことにより
生産ラインが止まってしまい仕事にならない、と大変お困りの様子でした。
ヒアリング後、すぐさま診断を開始いたしました。

 

12:00〜 診断結果をお伝え

1時間ほどで診断が完了し、
診断結果は、データ復旧可能と判断しました。
幸い、ハードディスクに致命的な損傷はなく、ハードディスクのクローン作業とRAID情報の解析作業を行うことにより、データ復旧の見込みがありました。
同時に、正式なお見積りをご案内しました。その場で責任者の方に決済をしていただき、正式にご了承の上、データ復旧の本作業を開始しました。

 

14:00〜 復旧作業開始〜データご納品完了!

弊社のデータ復旧専用機器をフル稼働させ、無事に全データの復旧作業が当日中に完了しました!
その場でお客様にご確認いただき、必要なデータが復旧されていることをご確認いただきました。
「明日から業務を再開することができる!」と喜びの言葉をいただくことができました。
データをご納品し、技術スタッフが退出しました。

まとめ

以上が「出張データ復旧」の一連の流れです。
わたしたち、特急データ復旧Win-Get!では特に出張データ復旧特急データ復旧に特化しており、サーバーやRAID、NASの即日データ復旧の実績が多数あります。
高い技術力で、出張対応可能な他社でも難しいSQLやOracleなどの特殊データでも出張でデータ復旧が可能です。
全国に拠点がある強みを生かし、北は北海道、南は沖縄まで全国津々浦々、出張を行っております。
また、超緊急の場合は土日祝、夜間対応も行っております。

 

事例概要

  • 大阪府富田林市の製造業様
  • 機器概要:富士通 / TX140 S1、300GBx4台構成、RAID5、SAS規格
  • 症状:サーバー起動不可によるアクセス不可
  • 故障原因:OS領域のデータ損傷もしくはRAID崩壊によるアクセス不可と推測
  • 所用時間:8時間
  • 復旧率:99%以上
  • 使用用途:業務データのファイルサーバー
  • 「翌朝の業務再開に間に合わせたい!」
  • 「1秒でも早くデータを取り戻さないといけない!」
  • 「セキュリティの問題で機械を動かせないが、どうしてもデータが必要!」

お困りの際は、特急データ復旧Win-Get!にぜひご相談ください!

特急データ復旧Win-Get! 株式会社リプラス
フリーダイヤル:0120-703-845

-実績, データ復旧, データ復旧の技術, サーバ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

記録メディアの寿命ランキング

大事なデータを守るために長期保存ができる媒体に保存したい! 「デジタルデータはコピーしても劣化せずに高画質!」 「CDやDVD、U…

続きを読む

出張データ復旧とは?来店、郵送のデータ復旧とのメリット・デメリットは?

  Contents1 ハードディスクが壊れた!どうしよう・・・1.1 来店によるデータ復旧1.2 郵送によるデータ復旧…

続きを読む

サーバー故障

突然のサーバーダウン!建設会社で起きた復旧事例

建設会社のオフィスで使用していたサーバーが突然ダウン! 建設会社様で実際に起きた、重度のサーバー故障からデータを取り戻すまでの緊急…

続きを読む

システム課や保守業者でサーバーが直らなかった時の『 対処法 』

まさか、保守業者でもデータの復旧ができないなんて! ある日突然、会社のメインサーバー(サーバー機)に不具合起き、システムのダウン。…

続きを読む

RAIDの長所と短所からみるファイルサーバー導入に大切なこと

Contents1 RAIDとは2 今もRAIDが普及している理由3 RAID導入のメリット3.1 冗長性の確保3.2 容量の拡大…

続きを読む