GUARDIAN 機器の故障と原因 データバックアップ バックアップ方法 おすすめバックアップ機器 データ保存の豆知識 サーバ RAID・NAS

NASの故障-RAID構成の思わぬ「落とし穴」!?

投稿日:

業務用データの保存用に、ネットワーク経由でファイル共有できる「NAS」を利用されている方も多いのではないでしょうか。
NASの中には故障リスクの軽減、安定性向上のために、RAID(レイド)機能が搭載されたものがあります。
正しく仕組みを理解することで、大切な業務データをしっかりとバックアップすることができます。
しかし仕組みを十分に理解しないまま運用を続けると、バックアップしていたはずが出来ていなかった・・・そんな悲劇が起きてしまうかもしれません。

全国でデータ復旧を行う弊社では、RAID機能搭載のNASのデータ復旧のご依頼を多くいただきます。突然の機器トラブルでデータを消失してしまわぬよう、まずはRAIDのメリット、デメリットを押さえておきましょう。

RAIDとは?


RAIDとは、複数台のハードディスクを組み合わせることで仮想的な1台のハードディスクとして運用し、冗長性を向上させる技術です。
主に信頼性・可用性の向上を目的として用いられるものです。
バックアップと混同される場合もありますが、RAIDは運用に対しての冗長性を確保するものであって、バックアップとは異なる点に注意が必要です。
RAIDの構成によっては、一部のハードディスクが故障しても稼動を継続できるものもあります。

RAID構成の「落とし穴」!?

RAID構成の「落とし穴」は・・・RAID0にあります

RAID0(ストライピング)とは2台以上のHDDを、1つのHDDとして認識させる手法で、RAIDシステムの中で最も高速化に適した利用方法です。
RAID0のメリットは、「大容量化」と「高速化」です。
大容量化・・・小容量のディスクを大容量化させることが出来ます。
高速化・・・1つのデータを複数のHDDに分割して書き込むことで、高速化できます。

以下は、代表的なRAID構成とその特徴のまとめです。
それぞれの設定にメリット、デメリットがありますので、利用用途に合わせて最適な設定を行いましょう。
RAID0(ストライピング)、RAID1(ミラーリング)、RAID5、RAID6、RAID10

RAID0デメリット

RAID0の一番のデメリットは、故障の確率が高いことです。
使用するHDDの台数分、故障のリスクが上がります。
データを複数のHDDに分散して記憶しているため、複数台のHDDのうち1台でも異常が出てしまうと「RAID崩壊」になり、データへのアクセスは出来なくなってしまいます。
場合によっては、データ復旧業者の力を使っても一切データ復旧ができないという致命的な落とし穴があります。

そのためRAID0での運用時には、万が一に備え、必ずこまめにバックアップを取っておく必要があります。
バックアップをとらずに、RAID0で運用するのはやめましょう。

NAS購入時の注意点!

RAID対応のハードディスクを導入するときは、初期設定に注意が必要です。大手メーカーから「RAID1」対応と謳っている機器の初期設定の多くは、RAID0になっています。

知らずにそのままRAID1(ミラーリング)だと思って設置しており、バックアップしていたつもりが出来ていなかった・・・!
なんていう恐ろしい話をよく聞きます。
あなたの使用しているNASは大丈夫ですか? 最初の設置時には、ご注意ください。

NASの最適なRAID構成は?

HDD2台での運用であれば、RAID1がおすすめです。
RAID1は別名「ミラーリング」と言い、1台のHDDと同じデータをもう1台に常時書き込みながら運用します。
並列記憶するRAID0に比べると書き込み速度は遅くなりますが、どちらか一方のハードディスクが故障しても運用可能な点が最大のポイントです。
メインのドライブに書き込まれると、もう1つのHDDに自動的にバックアップされるため、万一1台のHDDが故障した時も安心です。

HDDが3台以上の場合は「RAID5」に設定することで、1台が故障しても残りのHDDで稼働が可能です。
なお、2台以上に障害が発生した場合は動作不能となってしまうため、注意が必要です。

そこでHDDが4台以上の場合は「RAID6」がおすすめです。
「RAID 6」 は、2台のHDDが同時に故障してもデータを復元できます。RAID5に比べると使用容量は少なくなりますが、耐障害性がより高く、リスク対策としては非常に有効です。
また、万一使用中のNASにトラブルが発生した際は、大切なデータのバックアップを最優先にしましょう。
むやみに操作せず、いち早くデータ復旧の専門業者に依頼するのが安心です。

弊社では、大切なデータの復旧から今後のバックアップ体制の構築などのアフターサポートまで、しっかりと対応いたします。
また日本全国に拠点をもち、現地出張対応も可能です。
お困りのお客様はぜひお問い合わせください。

特急データ復旧 ウィンゲット お問い合わせはこちら

さらに弊社ではNASの導入をお考えのお客様へ、データバックアップシステム「GUARDIAN+R」を提供しています。
お客様の利用用途、環境に応じた最適なNASのモデルを提案し、またRAID設定もしっかりと行います。
また、万が一データ復旧が必要となった場合も、保守サービスご契約中はデータ復旧が完全無料です。
大切なデータを安全に運用するため、自信をもっておすすめします。ご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

・データバックアップシステム「GUARDIAN+R」の詳細はこちら

-GUARDIAN, 機器の故障と原因, データバックアップ, バックアップ方法, おすすめバックアップ機器, データ保存の豆知識, サーバ, RAID・NAS
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

ファイルを保存するだけがNASじゃない!3つのNAS活用術

Contents1 NASの使い方で仕事の効率が大きく変わる!?2 3つのNAS活用術2.1 その1-フォルダごとにアクセス制限を…

続きを読む

初級者向け データ復旧のプロに聞く NASによくあるトラブルと復旧実績 

ネットワークを通してファイルの共有ができるNASは、企業ではもちろん、最近では家庭でも利用されています。 社内でのファイル共有やバ…

続きを読む

サーバ・RAID・NASの寿命を長持ちさせる方法

今や私たちの生活には欠かせないIT。 そのデータを保管するため、多くの企業は多数の機器を導入しています。 機器の形式はサーバーであ…

続きを読む

冬にこそ要注意。パソコンが起動しない意外な要因とは

Contents1 冬になるとなぜパソコンは起動しにくくなるのか2 ポイントは”温度”3 ”結露”に要注意…

続きを読む

持ち運びに最適なメディアとは?特徴や種類、おすすめは?

Contents1 外で仕事をするとき、何にデータを入れていますか?2 持ち運び可能な外部メディア2.1 外付けハードディスクの特…

続きを読む