GUARDIAN ITお役立ち情報 QNAP ハードディスク(HDD)

QNAPの初期セットアップ方法

投稿日:2021年4月13日 更新日:

GUARDIAN+Rは、QNAP社の筐体として採用しております。
これは、機能の高さ、リモートアクセスのしやすさ、また弊社のクラウドストレージTENMAとの融和性も高いことなどが理由です。

たくさんのQNAPを設定している我々ならではの視点から、HDDのセットからRAID構築までの基本となる初期セットアップの流れをできるだけ詳細にご紹介していきます。

 

1. HDDのセット、各種ケーブルの接続

今回は、TS-231Kを見本に説明をしてまいります。
基本的には、他の型番でも初期設定の方法は変わらないと思います。

TS-231K 前面

 

TS-231K 背面

 

レバーを引き起こすことでHDDトレイを外すことができます。

 

取り外したHDDトレイになります。
2.5インチのHDDも仕様できます。

 

HDDトレイ側面の固定ツールを外した様子です。

 

パチンと固定してください。

 

ネジの固定をします。3.5インチのHDDであれば3か所です。

 

ACケーブル・パワーコード・LANケーブルを接続します。
*LANケーブルの片側は、ご利用のルーターまたはハブに繋いでください。
*LANポートが2個ありますが、上がポート1となりますので、基本的はこちらに接続でよいと思います。

 

電源ボタンを押してください。

 

2.Qfinder Pro のインストール

NASにアクセスするツール「Qfinder Pro」をクライアントPCにインストールしましょう。
Qfinder ProはLAN上のQNAP製品の情報を表示するためのツールです。
Qfinder Proは、https://www.qnap.com/i/jp/utility/ にアクセスします。
自分のPCのOSの種類に合わせたファイルをダウンロードしましょう。

 

ダウンロードして保存されたQfinderのプログラムファイルを実行します。

言語を選択し、「OK」をクリックします。

 

「次へ」を選択します。

 

「このライセンス契約書に同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

 

インストールコンポーネントの選択は必要に応じてチャックを外し、「次へ」をクリックします。

 

必要であればインストールパスを設定し、「インストール」をクリックします。
基本的のは、そのままで大丈夫です。

 

インストール完了までしばらく待ちます。

 

「QNAPと匿名の使用率情報を共有」のチェックを外し「完了」をクリックします。

これでQfinder Proのインストールは完了です。

Qfinder Proを起動すると同一ネットワークにつながっているQNAPが表示されますので該当のQNAPをクリックしてください。
「サーバーはまだ初期化されていません」とWindowが表示されたら「はい」をクリックしてください。

 

 

3.スマートインストールガイド(初期設定)

ブラウザが立ち上がるので「スマートインストールガイド開始」をクリックしてください。

 

ファームウェアのインストールは、「スキップ」をクリックします。
経験上、その方が後の設定が分かりやすいです。

 

QNAPの名前、ログインパスワードを入力します。

QNAPの名前は、ネットワーク上に表示されるものになります。
複数のNASがある時は、他のNASと区別できるものにするとよいでしょう。

管理者パスワード設定について
最低8文字以上、大文字、小文字、数字、特殊文字を含むパスワードの設定を推奨します。
パスワードを入力したら「次へ」をクリックして進みます。

 

タイムゾーンは、基本的に、「インターネットタイムサーバーに自動的に周期化」ままで大丈夫です。
「次へ」をクリックして進みます。

 

ネットワーク設定をします。
一般的には、「自動でIPアドレスを取得(DHCP)」を選択します。
固定IPアドレスを使用する場合する場合は、「スタティックIPアドレスの使用」を選択しますが、それについての詳細は、ここでは割愛いたします。
「次へ」をクリックして進んでください。

 

クロスプラットフォームファイル転送サービス設定は、全部にチェックを入れておいた方が無難です。
「次へ」をクリックして進んでください。

 

最後に設定内容を確認して問題なければ「適用」をクリックします。

 

「はい」をクリックします。

 

ここからしばらく設定に時間がかかります(おおよそ10~15分)。
QNAPの再起動も自動で行わますのでしばらく待ちましょう。

 

問題なく設定が終了しますと、以下画面が表示されたますので「NAS管理に移動」をクリックしてください。

 

管理画面にログインをします。
ユーザー名:admin
パスワード:設定した管理者パスワード

チュートリアルを進めます。チュートリアルは次へをクリックして進みます。
ここでは、この先の設定を分かりやすくすするため、進めていく中でファームウェアのアップデートや新規ボリュームの作成などの画面が表示されますが、いったんすべてを右上の×で閉じるか、不要な場合は「いいえ」で進んですべて表示されたウインドウを閉じてください。

 

4. 新規ボリューム作成

「ストレージ&スナップショット」をクリックします。

 

「データ収集契約」は、「いいえ」を選択します。
「ストレージ&スナップショットへようこそ」は、説明を確認されたい時は「次へ」で進めてください。
不要であれな「スキップ」で飛ばしてください。

 

「ボリュームがありません」とある左のアイコンをクリックしてボリュームの作成に進みます。

 

ボリュームの種類を選択します。基本的には、「静的ボリューム」でよろしいと思います。
他のリュームタイプについての説明は割愛致します。
「次へ」をクリックして進みます。

 

ディスクを選択し、任意のRAIDタイプを選択して、右下の「次へ」をクリックします。
2ベイであればRAID1、4ベイであれば総容量の半分になりますがRAID6が選択としては無難です。
使用用途に応じてRAID構成は、ご選択ください。
「次へ」をクリックして進みます。

 

ボリューム容量、アイノードバイト数、アラートの閾値を確認と設定します。
ここではデフォルト設定のまま「次へ」をクリックして進めます。

 

設定内容を確認し「完了」をクリックします。

 

問題なければ「OK」をクリックしてボリュームの作成を開始します。

 

DataVol1のステータスが「準備完了」になるまで待ちます。
ストレージプールの同期が裏で動いています。
同期が終わるまで時間がしばらくかかるのでNASの電源はそのままで待ちましょう。
右上のタスク状況アイコン(書類が重なっているようなアイコン)をクリックすればおおよその時間がわかるので参考にしてください。
一応の目安として完了までに、3TB×2台構成のRAID1であればおおよそ6~8時間、3TB×2台構成のRAID1であればおおよそ25~30時間かかります。

 

ボリュームの作成が完了すると、デフォルトとして「home」「homes」「Public」「Web」という共有フォルダが自動で作成されています。
「home」は、デフォルトの共有フォルダです。「homes」は、adminアカウントのみでアクセスできるフォルダになります。
「home」以外の共有フォルダは後から非表示設定もできます。
自分たちで共有フォルダやユーザーを作成する手順については、別の記事で紹介させていただきます。

 

ボリュームの作成が完了しましたあとは、パソコンのネットワークなどからQNAPを探して、ネットワークのユーザーとパスワードを入力すればQNAPにアクセスできるようになります。

 

↓気になる方はこちらにご連絡↓

QNAP社製NAS は様々なアプリと連動させることで、データのアクセスや自動バックアップ、ネットワークカメラとの接続もでき、非常に便利に活用することができます。

「設定が難しそう」や「設定の仕方をお任せしたい」などありましたら、是非、弊社のGUARDIAN+Rをお選びください。

設定だけでなく、トラブル時のサポートまで、スタッフが現地まで訪問し対応しますので、安心してご利用いただくことができます。
何かご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。


 

特急データ復旧Win-Get! 株式会社リプラス
フリーダイヤル:0120-703-845


北海道・東北
特急データ復旧ウィンゲット 北海道
https://www.data-hokkaido.com/
特急データ復旧ウィンゲット 青森県
https://www.data-aomori.com/
特急データ復旧ウィンゲット 岩手県
https://www.data-iwate.com/
特急データ復旧ウィンゲット 秋田県https://www.data-akita.com/
特急データ復旧ウィンゲット 宮城県
https://www.data-sendai.com/
特急データ復旧ウィンゲット 山形県
https://www.data-yamagata.com/
特急データ復旧ウィンゲット 福島県
https://www.data-fukushima.com/
関東
特急データ復旧ウィンゲット 東京都
https://www.60min-data.com/
特急データ復旧ウィンゲット 神奈川県
https://www.data-yokohama.com/
特急データ復旧ウィンゲット 千葉県
https://www.data-chiba.com/
特急データ復旧ウィンゲット 埼玉県
https://www.data-saitama.com/
特急データ復旧ウィンゲット 茨城県
https://www.data-ibaraki.com/
特急データ復旧ウィンゲット 栃木県
https://www.data-tochigi.com/
特急データ復旧ウィンゲット 群馬県
https://www.data-gunma.com/
特急データ復旧ウィンゲット 山梨県
https://www.data-yamanashi.com/
中部
特急データ復旧ウィンゲット 愛知県
https://www.data758.com/
特急データ復旧ウィンゲット 岐阜県
https://www.data-gifu.com/
特急データ復旧ウィンゲット 三重県
https://www.data-mie.com/
特急データ復旧ウィンゲット 静岡県
https://www.data-shizuoka.com/
特急データ復旧ウィンゲット 富山県
https://www.data-toyama.com/
特急データ復旧ウィンゲット 石川県
https://www.data-ishikawa.com/
特急データ復旧ウィンゲット 福井県
https://www.data-fukui.com/
特急データ復旧ウィンゲット 長野県
https://www.data-nagano.com/
特急データ復旧ウィンゲット 新潟県
https://www.data-niigata.com/
特急データ復旧ウィンゲット 滋賀県
https://www.data-shiga.com/
関西
特急データ復旧ウィンゲット 大阪府
https://www.data-osaka.com/
特急データ復旧ウィンゲット 兵庫県
https://www.data-kobe.com/
特急データ復旧ウィンゲット 京都府
https://www.data-kyoto.com/
特急データ復旧ウィンゲット 奈良県
https://www.data-nara.com/
特急データ復旧ウィンゲット 和歌山県
https://www.data-wakayama.com/
中国・四国
特急データ復旧ウィンゲット 広島県
https://www.data-hiroshima.com/
特急データ復旧ウィンゲット 岡山県
https://www.data-okayama.com/
特急データ復旧ウィンゲット 香川県
https://www.data-kagawa.com/
特急データ復旧ウィンゲット 徳島県
https://www.data-tokushima.com/
特急データ復旧ウィンゲット 高知県
https://www.data-kochi.com/
特急データ復旧ウィンゲット 愛媛県
https://www.data-ehime.com/
特急データ復旧ウィンゲット 鳥取県
https://www.data-tottori.com/
特急データ復旧ウィンゲット 島根県
https://www.data-shimane.com/
特急データ復旧ウィンゲット 山口県
https://www.data-yamaguchi.com/
九州・沖縄
特急データ復旧ウィンゲット 福岡県
https://www.data-fukuoka.com/
特急データ復旧ウィンゲット 佐賀県
https://www.data-saga.com/
特急データ復旧ウィンゲット 宮崎県
https://www.data-miyazaki.com/
特急データ復旧ウィンゲット 大分県
https://www.data-oita.com/
特急データ復旧ウィンゲット 長崎県
https://www.data-nagasaki.com/
特急データ復旧ウィンゲット 熊本県
https://www.data-kumamoto.com/
特急データ復旧ウィンゲット 鹿児島県
https://www.data-kagoshima.com/
特急データ復旧ウィンゲット 沖縄県
https://www.data-okinawa.com/

-GUARDIAN, ITお役立ち情報, QNAP, ハードディスク(HDD)
-, ,

執筆者:

関連記事

長期連休明けにNAS・サーバーのトラブル多発!? 原因・対策は?

Contents1 お問い合わせが増える時期は?2 なぜ 長期連休明けに機器の故障が多くなるのか?2.1 事例1[電源を落としただ…

続きを読む

NASをリプレイスするなら 押さえておきたい3つのポイント

社内のファイルサーバとしてNAS(Network Attached Storage) をご利用の方の中には、使用を続けて数年が経ち…

続きを読む

NAS導入事例を交えた、安全なデータ管理術!

NAS(ネットワークアタッチトストレージ)は、USB接続の外付けHDDなどとは違いネットワーク経由で簡単にデータ共有ができたり、 …

続きを読む

NASの暑さ対策とは?機器を効果的に冷却してNASの故障を防ごう!

NASは電気機器であるため常に発熱しています。 冷却用のファンがついていますが、高温環境下では熱がこもりやすいものです。 放熱がう…

続きを読む

共有データ消失に備えたテレワーク導入企業のバックアップ対策

テレワーク時代に突入し、リモート業務のための環境を整えていくことが企業の喫緊の課題となりました。テレワーク環境の中心に据えられるの…

続きを読む