データバックアップ バックアップ方法 おすすめバックアップ機器 RAID・NAS

NASをご利用の方必見!バックアップを取るにはこれがオススメ!

投稿日:2019年1月21日 更新日:

 

RAIDを構築しただけで安心していませんか?

 

「NASでRAIDを構築してあるから、データのバックアップは大丈夫!」と思っていませんか?
RAIDの構成によっては一部のHDDにトラブルが発生した際でも機能を維持し続けるよう、耐障害性を高めていますが、データのバックアップにはなっておりません。
つまりデータ自体のバックアップを取らなくても良いということではないのです。
HDDが数本同時に故障、停電による故障、間違ってデータを上書き・削除してしまうなど、RAID構成でも対応できない故障原因はいくつもあります。
この場合、データの保管先が1つだけではどうにもできません。このような事態を引き起こさないためにも、RAIDを構築しているNASもバックアップは必要です。
では、NASへのバックアップとして何が良いのか考えてみましょう。

NASへのバックアップメディアは何がいい?

 

以前の記事で、バックアップ用のメディアについてご紹介いたしました。

バックアップメディアには用途に応じていろいろな種類があります。
NASへのバックアップ先としてよく使われるのは、以下の3つのメディアです。

NAS
主な使用用途は、ファイル共有、ファイル管理など。
ネットワークを通じて利用可能なため、LAN接続ができれば複数台での利用が可能となり、場所も制限がない。
初期導入が他の機種に比べて少し難しい。

■外付けHDD
主な使用用途は、空き容量が不足した際の補助など。
手軽に購入でき、容量も様々なものがある。
しかし、必ず機器への接続が必要となるため、利用場所が制限される。

■クラウド(オンラインストレージ)
主な使用用途は、ファイル共有など。
インターネットが繋がる環境であればどこからでもアクセスできる。また、PCやスマートフォンなど様々な機器からアクセスが可能。
無料のものもあるが、月額費用がかかるサービスもある。
ネット回線が落ちると使用できなくなる。

 

NASとの組み合わせ それぞれのメリット・デメリット

 

前述したように、バックアップメディアにもそれぞれ使用目的や特徴があります。では、NASと組み合わせた時にどんなメリット・デメリットがあるのか考えてみましょう。

①NAS + NAS
メリット
1台が壊れてもそのままの環境で使用することができる。
遠隔地にもバックアップを取ることができる。
RAIDを構築することができるので、耐障害性が高い。

デメリット
同時期にNASを購入すると、壊れる時期も同じ可能性がある。

②NAS +外付けHDD
メリット
NASと同じ容量のドライブを最初に購入しさえすれば、以降の月額費用はかからないことに加えて、ドライブをまるごとバックアップできるため漏れもなく、復元時もデータを探しやすい。
デメリット
ローカルのHDDは、それ自体の寿命に加えて、火災や落雷などの災害によって、NAS本体もろともデータが消失する可能性があるほか、物理的に盗難に遭う危険性もある。

③NAS +クラウド
メリット
遠隔地にバックアップすることから、NAS本体と同じタイミングで壊れる可能性は低く、ドライブの寿命をユーザが考慮する必要もない。もちろん盗難の恐れもない。
離れた場所でもNASからバックアップを取っているデータの閲覧、編集、取出しが可能である。
デメリット
不正アクセスや情報漏洩のリスクがある為、セキュリティ対策が必要。
月契約または年契約で、定期的な支払いが発生する。
料金を抑えるために、バックアップのデータを選定する必要がある。

以上のように、ローカル、NAS、クラウド、どのバックアップ方法にも、それぞれメリットとデメリットが存在しますが、NAS+NASが一番デメリットが少ないといえるでしょう。

 

 NASへのバックアップ オススメのメディア組み合わせはこれ!

 

バックアップの組み合わせとして、3-2-1ルールに基づくと、NAS+NAS2台+遠隔地へのNASバックアップまたはクラウドに保存することがベストであると言えるでしょう。
さらにUPS(無停電電源装置)をつけると安心して運用が出来ますので、導入や方法に関しては是非ご相談ください。
また、弊社ではデータバックアップシステム「GUARDIAN+R」を展開しています。
この「GUARDIAN+R」には「Dual GUARDIAN+R」があり、2拠点での遠隔バックアップも可能です。
設定に関しても弊社スタッフが行うので、お手を煩わせることもありません。
加えてクラウドサービス「TENMA」もございますので、3-2-1ルールも実現することが可能です。
大切なデータを絶対に無くしたくない方は、弊社までお問合せください。

-データバックアップ, バックアップ方法, おすすめバックアップ機器, RAID・NAS
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

NASがまさかの故障?!リスク回避におすすめ!QNAP製NASのメリット

Contents1 QNAPとは2 万が一のリスクに備えて2.1 ①RAIDを組んでいる複数のディスクが故障2.2 ②HDDではな…

続きを読む

すべてのデータをまとめて管理 岡山県の企業様の導入事例を交えたNAS活用術!

ファイルサーバとして活用されることも多くなってきたNASですが、 “Windowsサーバで構築したファイルサーバよりも機能が劣り、…

続きを読む

災害時の事業被害を最小限に!BCP対策のためのNAS選びのポイント

  Contents1 高まる災害対策への危機意識2 災害に強いNASとは2.1 RAID構築が可能なNASを選択2.2…

続きを読む

NASが故障!故障からのデータ復旧事例学校教育機関編

NASが突然の故障!学校で起きた復旧事例

NASが突然の故障!学校で実際に起きた、故障したNAS機器からデータを取り戻すまでの緊急性の高い実例をご紹介します。 Conten…

続きを読む

サーバー・NASの故障によるデータ消失を防ぐ3つのポイント

サーバー・NAS故障によるデータ消失を防ぐ3つのポイント

業務データが消えた!考えるだけでぞっとします。 データ消失の原因でもあるハードディスク故障。 ハードディスクは消耗品、いつ壊れるの…

続きを読む